• TOP
  • 給食について
フェアリーグループ 写真

給食について

食育目標

保育園での給食や食育への取り組みは、「保育所保育指針」「保育所における食育に関する指針」「児童福祉施設における食事の提供ガイド」「保育所における食事の提供ガイドライン」に基づき行っています。 フェアリルーム・フェアリーキッズ保育園での食育目標は「保育所における食育に関する指針」に基づき、次の3つを目標に定めています。

  1. 1お腹がすくリズムのもてる子ども
  2. 2食べたいもの、好きなものが増える子ども
  3. 3一緒に食べたい人がいる子ども

「食育」は離乳食から

離乳食で「だし」の味を知ることは、食育の第一歩です。また、食べる意欲は生きる意欲を育てることにつながると考え、人生の食事のスタートである離乳食を大切に、一人ひとりのペースに合わせて進め、しっかりと自分で食べる力を養います。「おいしいね。」食事が楽しい時間となることが大切です。離乳食は段階を追って。最初は野菜スープひとさじから始めます。食べる意欲は、自主性を育てる第一歩。自分で食べたい気持ちは、手づかみに表れます。

ミルク・母乳について

ミルク・母乳について

乳児の粉ミルクは園で準備します。メーカーは園指定物を使用しております。その他のミルクをご希望の方はご相談ください。冷凍母乳をお持ちになりたい方は、お預かりいたしますのでお申し出ください。哺乳瓶に関しましては、ご自宅で使用しているものをご持参していただいて対応させてもらってます。

離乳食について

離乳食はご家庭と連携をとりながら、お子さんの一人ひとりの様子に応じで個別に対応します。離乳食では主に昆布だしを使用し10ヵ月頃から、かつおだしや煮干しだしを使用しています。手作りを心掛け、添加物・加工食品の使用はできる限り控えています。離乳食の調理は、子どもの食べ方を見ながら、舌ざわり・飲み込みやすさ・食べやすさを調節しています。

離乳食について

おいしく食べるために

おいしく食べるために

しっかりと「お腹がすく」ように、生活の流れを計画しています。離乳食の時間はクラス一斉ではなく、連絡ノートを参考にして、一人ひとりにあわせて日々決めています。そのため、子どものペースにあわせてじっくり関わりながら食事をすすめることができます。保育室内を月齢に合わせ、食事の際は落ち着いて食べられる環境を整えています。

安心・安全で美味しい給食の提供

管理栄養士が給食の献立を制作し、調理員が給食を調理し提供しています。

安心・安全で美味しい給食の提供

安全な食器

安全な食器

食べ物だけでなく食器も大切な「食」の一部と考えています。

アレルギー対応

献立にも記載し、除去食で対応しています。

アレルギ対応

衛生面の配慮

衛生面の配慮

消毒にはピューラックス(塩素消毒)及び消毒用アルコールを使用しています。
毎日衛生点検表によるチェックを行っています。
食器の洗浄は、手洗い・食器乾燥機の手順で行っています。

季節に合わせて楽しい給食

レシピ

子供達が毎日美味しく食べている給食をご紹介したいと思います!
ご自宅でも作れますので、お母さんお父さんも一緒にクッキングしていただけたらと思います☆
ご参照ください(╹◡╹)

https://cookpad.com/recipe/list/20827109